アコムとプロミスの比較~アコムのメリット~

一方アコムのメリットは、同額の借入をした場合、返済総額が安くなることです。
両社の返済シミュレーションを利用して、50万円を借入した場合を計算してみました。

(1)借入額50万円、返済期間40カ月(毎月1回払い)の場合
アコム(借入利率18.0%):返済総額665、138円(毎月の返済額16、713円)
プロミス(借入利率17.8%):返済総額666、492円(毎月の返済額16、662円)

(2)借入額50万円、毎月の返済額15、000円の場合
アコム(借入利率18.0%):返済総額694、050円(返済回数47回)
プロミス(借入利率17.8%):返済総額694、862円(返済回数47回)

実際には、追加で借入をしたりまとめて返済をすることもあり得るので、この計算通りにはならないかもしれません。でも計算上は、どちらの場合もアコムの返済総額が安くなりますね。

これは、両社の返済方式の違いによるものだと考えられます。
返済方法は、アコムは定率リボルビング方式です。この方式では、借入の金額に一定の割合をかけた金額を返済していきます。一定の割合は、借入限度額によって異なります。
プロミスは残高スライド元利定額返済方式をとっています。この方式では、最終の借入後の借入残高に応じて、返済額が変動します。借入残高が少なくなるにつれて、毎月の最低返済額が段階的に少なくなっていきます。

わずかでも返済総額が少なくなるので、アコム増額はおすすめですね。余裕があるときは多めに返済をして、なるべく早く完済できるようにがんばりましょう。