カードローンの限度額を知ろう

カードローンの限度額

カードローンは、サービスを提供する金融機関によりサービス内容が若干異なっています。消費者金融系カードローンや信販系カードローンは、最短即日審査・即日融資に対応するスピード感が魅力ですが、借入限度額が500万円程度と低くて実質年率が高いのが難点です。一方銀行系カードローンは審査は厳しいですが、借入限度額は数百万円から1,000万円と高く、実質年率も低金利が設定されているのが魅力的です。このように貸金業者と銀行系に分けられるカードローンおすすめが、カードローンを申し込んだときに借入限度額の決定に大きく影響を与えるのが、貸金業法に定められた「総量規制」です。総量規制とは、改正された貸金業法によって定められた規則で「年収の3分の1を超える金額の借り入れを原則禁止」という利用者を保護するために設けられたものです。これにより、年収などの3分の1を超える金額の貸し付けは原則禁止となり、1社で50万円、2社以上で100万円を超える貸し付けは収入証明書類の提出が義務付けられています。しかし、この規制は消費者金融系カードローンや信販系カードローンなどの貸金業者のみを対象にしており、銀行ローンは総量規制対象外となります。そのため、総量規制の対象外である銀行系カードローンは、年収の3分の1を超える借り入れも可能となっています。なので銀行では大きな額でも融資を受けることが可能ですが、額が大きくなればなるほど審査も厳しくなっていきます。

本人の収入や総量規制など、さまざまな条件でカードローンの借入限度額は左右さますので、申し込みの際にはよく確認をしましょう。