消費者金融の申込に必要な書類は?

消費者金融でお金を借りる際には、いくつかのキャッシング審査がありますので、忘れないようにあらかじめそろえておくことがたいせつです。
一般的な場合ですが、まずは申込をしたのが本人であることを確認するため、運転免許証や運転経歴証明書、それがない場合には、健康保険証やマイナンバーカード、パスポート、在留カードなどといった、同様の役割を果たすことのできる、いずれかの書類が求められます。
また、消費者金融の場合、法律の規定によって、総量規制とよばれる制度が適用されていますので、本人の収入状況についても確認が必要となってきます。
そのため、会社からもらった源泉徴収票や給与明細書、自営業であれば確定申告書の写し、税務署から発行された所得証明書などのなかから、どれかひとつを選んで提出することになります。
ただし、消費者金融1社からの借入であれば限度額が50万円を超える場合、複数の消費者金融からの借入であればあわせて100万円を超える場合は、申込の時点でこうしたものが必要書類となってくるものの、金額がこれよりも少なければ、申込時点で提出を求められることはないのが一般的なあり方といえます。
通常はこの程度の書類があれば足りるものですが、もしも本人確認書類として提出した書類に書かれた住所と、現在の住所が違っているようなケースでは、たとえば電気料金やガス料金といった公共料金の領収証であって、実際にその場所に住んでいることがあきらかにわかるようなものをあわせて添付することになります。